東海ブロック選手権 2014.6.8

Q: 東海ブロック選手権、優勝おめでとうございます。

A: ありがとうございます!

Q: 3週連続レースの一発目でした。ペース配分もあったと思いますが、このレースの目標とテーマを教えて下さい。

A: 強化指定選手の西選手が欠場したため、優勝しなければいけないレースでした。
翌週のことを考えてセーフティーリードを守ってランは余裕を持って走るようにしました。

Q: スイムですが、2位の選手とはかなり差をつけての1位でした。マイペースで落ち着いて泳いでいるように見えました。昨年と比べてみていかがでしたか?石田なぎほ東海ブロックnagi1

A: 昨年はスイムから前の選手を追うために必死で泳いでいたのですが、今年は後ろとの差を確認して余裕をもって泳ぐことができました。

Q: バイクも独走状態で1位フニッシュ。かなり落ち着いているように見えました。練習の成果が感じられましたが、いかがでしょうか?東海ブロック石田凪帆2014bike

A:  バイクはペース練習を積んできているので自信をもって乗ることができました!
前半は差をつめられましたが、後半徐々にペースをあげて差を広げることができました。
練習をイメージして乗ることができたと思います

Q: ランの時には日射しが強く、30度くらいまで上がっていましたね。後ろは2分チョット離れていました。どんな事を考えて走りましたか?

A: はい、とても暑かったです。
給水をしっかりとらないとヘロヘロになっちゃてしまいそうでした。ランは2.5km往復コースなので、後ろとの差を確認しながら走りました。
差があったので来週のことを考えて無理しすぎず、優勝することを考えて走りました。
東海ブロック石田凪帆2014ラン

Q: 15秒のペナルティがありましたね(笑)どうされましたか?

A: バイクからランのトラジッションのときに、ヘルメットがかごから出てしまっていたみたいです(笑)

Q: 結果的にはスタート直後からずっと先頭でした。ゴールした時の感想を教えて下さい。 東海ブロック石田なぎほ2014ゴール

A: 日本選手権の権利をとれたことにほっとしました!

Q: 見ていて感じたのは女子選手の少なさです。
日本選手権の出場枠が男女共に4枠です。男子35名の出場に対し女子は5名でした。
参加5人は少なすぎると思いました。いかが思われますか?

A: 女子がかなり少ないと思います。5人ではドラフティングレースがなかなかできない状況です。できても2人か3人で回せるくらい。
静岡県で日本選手権に出場する女子選手が増えるように自分がリードしていけれるように頑張りたいです。
IMG_4466

Q: 愛知、三重、岐阜、は国体代表を決める県予選を兼ねていますから代表目指して頑張りますが、静岡は違いますよね。石田選手であれば日本選手権の出場権は他のレースでも十分に取れると思います。
そして3連戦ですよね、次週U23酒田の事を考えると無理する必要はないし、出なくても良いとも思えました。しかし、出場すると事情を知らず応援してくれる人に対して手抜きはできないですよね。
そういう意味では石田選手のステージが変わってきましたね。いかが思われますか?
東海ブロック2014石田凪帆表彰式

A: 東海選手権は日本選手権の権利を確実にとることと、次週のU23酒田に向けての調整レースとして出場しました。
酒田がぶっつけ本番だと少し不安もあるので、東海選手権でトラジッション練習をしたり、自分の調子を確認しておくほうがいいと思っています!
去年と比べてステージは少しずつ変わってきましたが、自分のためにも応援してくれる方のためにも全力を尽くすことは変わりません!

Q: 次週は山形県酒田市で日本U23トライアスロン選手権ですね、目標を教えて下さい。

A: 表彰台です!!

Q: 最後に応援して下さった皆さんに一言お願いします。ハイドロパワー

A: 応援ありがとうございました!レース中たくさんの方が「なぎー!」「なぎちゃん!」って声をかけてくれてパワーになりました!連戦が始まりましたが頑張ります!!今シーズンも応援よろしくお願いします(^o^)

コメントは停止中です。

このページの先頭へ